株式会社スターツ

日本一の繁華街新宿で挑戦し続ける

新宿を中心に「元祖まき串・串タロー」、姉妹店の「もつ鍋 金太郎」を運営

飲食店舗の入れ替わりの激しい「新宿」で、創業から30年、「串タロー」はぶれずにその味を守りつづけ、姉妹店となるもつ鍋「金太郎」を含め地域の皆様に支えられながら成長を続けてしてきました。

会社概要
galliope

串タロー

新宿エリアに5店舗を展開、旬の食材を使用した自慢のまき串、門外不出の秘伝の唐みそ、美味しいお酒と合わせて是非お楽しみください♪

元祖「まき串」

名物「まき串」は、仕込みから焼き方まで、その日の食材のコンディションに正面から向き合い、愚直なまでにとことん味にこだわった至高の一品です。

店舗一覧
galliope

金太郎

日本テレビ「ヒルナンデス」、テレビ東京「メルクリウスの扉」、フジテレビ「めちゃ2イケてるッ!」などTVでも多数紹介いただいています♪

名物「もつ鍋」

名物「もつ鍋」は“芝浦ほるもん”を使用、中でも脂が甘くさっぱりしている小腸のみを厳選、スープも素材一つ一つにこだわり毎日店舗で仕込んでいます。

店舗一覧

独自の取り組み

美味しい物を提供するには「本当に美味しいもの」をまずは知ること。弊社従業員にはこのことをしっかりと理解するため、独自で様々な取り組みを実施しています。

味へのこだわり

丁寧な仕事が生む深い味

 串タロー自慢のまき串は、食材が透けて見えるほどの薄い豚バラ肉で新鮮な野菜を包み焼き上げています。1日合計1,000本以上を手打ちで6時間程かけて準備。熟練した職人の技術が可能にするその仕上がりは真似できません。

旨さの秘訣をご紹介

 まき串のおいしさの秘密は焼手の技術。特注グリルを使用し「950度」の超高温で一気に焼き上げることで、余計な脂が落ち良質な脂だけが野菜に溶け込み、旨味を閉じ込めます。焼きたてアツアツでお召し上がりください。

秘伝の唐みそ

 串タロー秘伝の唐みそは、十数種類の素材を独自の方法でブレンド。改良に改良を重ね、時代に合わせ変化し完成した串タローの唐みそ。創業30年の歴史の中でも限られた者だけが仕込みを許されているまさに秘伝のレシピです。

金太郎名物「もつ鍋」

 金太郎名物「金太郎もつ鍋」は厳選の“芝浦ほるもん”を使用。その中でも脂が甘くさっぱりしている小腸のみを厳選、スープも素材にもこだわり毎日店舗で仕込んでいます。本当に美味しいもつ鍋を自信を持って提供しています。

Instagram

 

代表よりご挨拶



代表取締役 柴田 育男

この度は、弊社のホームページを閲覧いただきまして、ありがとうございます。

会社紹介

当社は東京の新宿を中心に串焼きの専門店の串タロー、もつ鍋専門店の金太郎を展開しています。 それぞれの店舗がコンセプトを持っており、お客様もビジネスマンから家族連れ、若い女性まで様々です。 創業以来味を守り続けている「まき串」は、皆様に愛されるメニューとして新宿の名物となっています。 昨年には5店舗目となる「串タロー 新宿東口二号店」もオープンし、 徐々に事業の拡大を進めてまいりました。

スターツの考え方

私共の商売の原点は、もちろんお客様に満足していただくことですが、 その満足は味や接客だけではないと考えています。 サラリーマンの方には明日も元気に働いてもらう活力を与え、 恋人同士や家族連れ、友達同士や取引先といらっしゃるお客様には、 明日からもその関係が円滑に進むきっかけとなる場所として、 「串タロー」が「金太郎」がその一助となれるよう従業員一同が日々全力で取り組んでいます。

一番の幸せ

当社はまだまだ小さな会社ではありますが、スタッフはとにかく皆が一生懸命です。 技術を磨き、味を守り、真心を込めた接客を心がけて一丸となってお店を盛り上げてくれています。   大切に守ってきた味にご満足していただき「美味しかったねまた来るよ」と言っていただける事、 仕事になれないスタッフでも必死になって働いている姿がお客様に伝わり、 「へたくそだけど頑張ってるね」こんなセリフを聞けるだけで私は幸せです。

是非新宿にお越しの際は当店にお立ち寄りください。スタッフ一同皆様のご来店心よりお待ちしております。

会社概要

社名   株式会社スターツ
営業事務所   〒160-0023
 新宿区西新宿7-22-16 KIHビル3F 
電話  03-6908-5580(営業事務所)
 03-3360-4166(仕込み場)
創業  1985年
資本金  1,400万円(グループ計)
代表名  柴田 育男
社員数  60名(内アルバイト30名)
グループ  株式会社ダイムフードシステム
(金太郎運営)
店舗  串タロー( 詳細はこちら
 金太郎( 詳細はこちら