こだわり

手巻き

【まき串(まきぐし)】は機械を使わず全て包丁と人の手で作られます。多いときには1日1000本以上。

それぞれに形が違う野菜を食べやすくカット。特注の国産豚の極薄バラスライス肉を丁寧に巻きつける。食べやすい大きさに切り分け、一番上が美味しい部分が来るように扇形に串打ち。

スターツのまき串には、職人の気持ちと魂が込められています。

950℃の情熱

まき串は特製の超高温グリルで焼き上げます。その温度は国産備長炭の火力と同じ950℃

一気に焼くので豚バラ肉の余計な脂は落ち、良い脂が素材(野菜)に火を通し、旨みを閉じ込めます。

その火力を扱うのは私たちの“美味しく召し上がっていただきたい”という情熱。

950℃の情熱で外はカリッと中はジューシーに焼きあがるのです。

塩

手振り

まき串の味を決める“塩”

串焼きを美味しく召し上がれるよう「海塩」「山塩」をブレンドした“合わせ塩”を使っています。

そして味の心地よさを決める“塩加減”

熟練の職人による繊細な“手振り”によって表現されています。

アスパラ

“アスパラ”

串タローの代表的まき串。固いスジをカットしているので歯ごたえとみずみずしさは抜群。疲れた時にはアスパラの疲労回復効果が活躍します。

しそ

“しそ”

スタッフイチオシのまき串。何層も重ねたバラ肉に挟んだソシの香りが立ち、減退した食欲を復活させてくれます。

ピー肉チーズ

“ピー肉チーズ”

くり抜いたピーマンの中にとろーりチーズを入れた人気まき串。風邪予防や肌荒れに活躍します。

ねぎ

“ねぎ”

甘みが立つようにこんがり焼いたネギのまき串。バラ肉との相性もよく、シャキシャキの歯ごたえも楽しめます。

トマト

“トマト”

鮮やかな赤色が印象的なまき串。口に広がる甘酸っぱと合わせ塩とのバランスが良く、特に女性に人気のまき串です。

にんにくの芽

“にんにくの芽”

表面の薄皮を取り、ほのかな甘さと歯ごたえを楽しめます。スタミナ回復にも一役。

なすチーズ

“なすチーズ”

やわらかいナスにチーズを挟んだまき串。とろける口当たりは男女問わず人気。唐みその相性もバッチリ。

エリンギ

“エリンギ”

香りと心地よい歯ごたえのまき串。仕上げの特製醤油タレが一層うまさを引き立てます。